検索エンジンにインデックスされていないとどうなるの?

投稿日:2019年3月23日 最終更新日:2020年4月17日

検索エンジンに関する用語で「インデックス」というものがあります。
この用語の意味、そしてインデックスされていないとどのような不都合なことがあるのか?という点を記載します。
また、インデックスされているか?の確認方法についても記載するので、寺社サイトに関して確認してみてください。

インデックスされていない状態とは?

インデックスとは、Google検索エンジンに登録されることを指します。
例えば、「Google検索エンジンにあなたのサイトのページがインデックスされる」といった言い方をします。

逆にいうと、インデックスされていない状態というのは、「あなたのサイトのページがGoogle検索エンジンに登録されていない」=「検索してもあなたのサイトのページが見つからない」ということになります。

検索してもあなたのサイトが見つからないと言っているのは、以下のような状態です。
例えば、google.comにアクセスして「アプリケーションエンジニア 仕事」と入力して検索すると、以下のように大量のページが検出されます。
これが、Google検索エンジンに登録されている=インデックスされている状態のページ群です。

あなたのページがインデックスされていなければ、このように検索した際にページが表示されることはありませんので、Google検索エンジンを経由してのページへのアクセスが見込めないこととなってしまいます。

インデックスされているか?を確認する方法

インデックス済みかどうかを確認する方法は2パターンあります。

方法その1:検索エンジンでの確認方法

こちらの方法の方が簡易的です。
まず、確認したいページのURLをコピーします。

次に、ブラウザのアドレスバーに以下の書式で入力して「Enter」ボタンを押下します。
site:{検索対象のURL}
例えば、以下のような文字列を打ち込みます。
site:https://one-ap-engineer.com/check-jobposting-page

すると、以下のような検索結果となり、インデックス済みの場合は対象ページのタイトルが表示されます。

逆に、上記画像の赤枠箇所のようにページタイトルが表示されない場合は、検索エンジンにインデックスされていません。

方法その2:Google Search Consoleを利用して確認する

次はGoogle Search Consoleを利用する方法です。
前提として、Google Search Consoleにサイトの登録は済んでいるものとします。

まず、Google Search Consoleへアクセスし、対象ページが含まれるサイトを選択します。

次に、URLを入力します。

インデックスされている場合は、以下のように緑のチェックマークと共に「登録済み」の旨が表示されます。

以上が、インデックスされているかどうか?の確認方法です。
Google Search Consoleでは、インデックス済みかどうか?以外の情報も数多く確認できるため普段使っていない場合は、早めにGoogle Seach Consoleを利用することに慣れた方が良いと思います。

コメントはこちらから

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。


内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。